公務員は不動産投資がしやすい【投資初心者ナビ】

投資をして稼ぐ

手を組む男性

公務員は、安定した収入を得られるかわりに一切の副業が禁じられています。リストラにあうリスクがないかわりに、資産を大きく増やすことが出来にくいと言えるでしょう。しかし公務員でも安定した副収入を得る方法があります。それが不動産投資です。 不動産投資はマンションやアパートを購入して家賃収入を得ることです。これなら副業にはあたりません。実際に公務員で不動産投資をしている方が数多くいます。 マンションの購入と言っても1棟まるごとではなく1室からでも始めることができます。購入費用全額をローンを組むこともできます。ローンの支払いを家賃収入で賄うのです。そうしてローンが完済した時には、労せずしてマンションを手に入れたようなものです。

公務員の場合、ほかの職業に比べてローンの審査にも通りやすく優遇されていると言えるでしょう。この強みを生かさない手はありません。ローンを家賃収入で賄えば、手元に残るお金はわずかでしょう。しかし確定申告することにより税金の還付を受けることができます。又、ローンの契約の際には団体信用保険に加入するので、これが死亡保険がわりになります。ローン完済後は家賃収入が、私設年金がわりになります。 公務員が一番、不動産投資のメリットを享受できるのではないでしょうか。ただひとつ気がかりなのが、物件管理です。入居者募集や、退去時のチェック、入金管理などさまざまなことがあります。こういったことは、不動産業者とサブリース契約することで解消できるでしょう。業者に払う手数料は必要ですが、物件の管理から解放されますので、仕事に支障をきたさなくて済みます。