公務員は不動産投資がしやすい【投資初心者ナビ】

都市ビル

不動産ローンを組む

作業する人

不動産投資を行うにはある程度の貯金と年収500万円以上あると不動産ローンが組みやすくなるということがいえます。また、属性という勤め先の場所によっても条件があり、ローンの組みやすい順位というのは公務員、高所得者(医者、弁護士など)、大企業、中小企業、自営業、主婦・学生になります。このように職業によっても条件が変わってくるということを覚えておきましょう。その理由としては、会社としての信頼関係があり、尚且つ、勤務年数も関係してくるので信用力を高めるためには3年以上勤めておく必要があります。 公務員の信頼がある理由としては、退職が少なく、年功序列の給料体系になっているということが上げられ、最もローンを組みやすい職業になっています。

公務員は不動産投資にとってローンが組みやすい職業になっており、不動産投資を禁止している場所もあります。ですが、遺産等により不動産を所有する場合がありますが、その場合の対策もされているところが多くあります。基本的には5棟10室基準となる青色確定申告までであれば行っても大丈夫になっているところが多くあり、相続対策がきちんとされています。これは公務員も不動産投資をしても良いということになりますが、注意していただきたいのは就業規則を読んでから行うことが大切です。もし、行ってはいけないことをやってしまいと停職や解雇となってしまいますのできちんと読んでから行うことをオススメします。 流行っているからといって直ぐに行わず、きちんと下調べしてから行うようにしましょう。

公務員が投資をする

運用達成率

公務員の年収の減少への対応としてリスクが少なく安定した所得を得ることができる不動産投資がお勧めです。公務員は資金確保が比較的しやすい業種です。ただし、頻繁にくる電話セールス等には乗らないで大手不動産会社を選ぶべきです。

投資をして稼ぐ

手を組む男性

このように、将来設計が立てやすく、ローンも組みやすい公務員のメリットを最大限発揮できるのが、不動産投資だと言えます。1つ目が軌道にのれば、2つ目、3つ目と徐々に増やしていくといいでしょう。物件管理は業者に任せることで煩わしさもありません。

毎月収入を得る

仕事中の人

公務員の不動産投資をすることは、多くあります。不動産投資では、毎月収入を得ることができるので、人気があります。また、いつまでも、収入を得ることができるので、生活が豊かになります。